《情報》社員(住民出資者)権利行使への事実上の拒絶宣言でしょうか??

社団法人法

播磨自然高原内施設の民間管理会社である”(一社)播磨自然高原クラブ”に対し、住民出資者(以下「社員」という)が法律(一般社団法人法)で自由に閲覧する権利が保障されている「会社運営状況を知るための書類」の開示を求めたところ、冒頭から「見せろ!、見せない!」の押し問答が相当時間続いた挙句、結局、「個人情報保護」の一点張りで全面墨塗りがされた内容判読不明の議事録1枚のみが開示されるに留まりました(*このやり取りの全記録は改めて、情報提供していただけるとのことです)。
本来、出資者である社員に対して会社運営の透明性を担保する目的で、これらの権利が法律で規程されている筈なのですが、単に「不都合や支障があるので困る」という曖昧で根拠に乏しい理由で、本件のみならず、多くの類似案件に対しても拒み続けている実態があるようです(関連記事参照)。

更に、後日、ご丁寧にも「閲覧させない訳ではないが、都合の悪いところは墨塗りにするので、その作業料を払え」という、事実上の社員権利行使への誠意のない拒絶・侵害とも思しき内容の文書が届けられたとのことですので併せて掲載します。
管理会社は社員や住民との相互信頼に基づいて運営されるべきものだと思いますが、皆さんはどうお考えになるでしょうか?

reading_denial

(多額の費用を要する縦覧への対応通知)

また、昨年度の社員総会において会計監査人2名のうち1名の方が「会計監査に要する資料の提供を拒まれた」という理由で承認されていないことも大いに気掛かりなところです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  2. 播磨自然高原の南正面に位置する「産廃建設計画」について、上郡町内の5地区連合自治会(上郡・山野里・高…
  3. 赤穂市民会館で12月19日に開催された「産業廃棄物最終処分場建設反対赤穂市民の会」の理事会に上郡5地…
  4. 播磨自然高原の住民有志の方々の作成による太陽光発電所建設の啓発パンフレット「播磨自然高原で今、何がお…
  1. 「一般社団法人 播磨自然高原クラブ」における関係者の相次ぐ不正事実の発覚や住民不在の運営に対して、多…
  2. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  3. [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  4. 日本経済新聞記事タイトル
    日本経済新聞電子版より~ 豊かな自然に抱かれた高原別荘地も、人の世のしがらみやもめ事と無縁ではなか…
  5. 社団法人法
    播磨自然高原内施設の民間管理会社である”(一社)播磨自然高原クラブ”に対し、住民出資者(以下「社員」…
2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る