禾乃登(こくものすなわちみのる)

 処暑(十四節気)末候 第四十二候 9月2日~9月6日

 稲が実る頃です。

 先週、西粟倉村経由で千種高原のラドン水(他の自然水より保存が長くきく、不純物が少ない

から?)を汲みにいってきました。(有料)

 * 宍粟市、作用市は名水の宝庫です。自分に合ったものを探してコーヒーなどに使えば

  本当においしいですよ 我が家では飲料水・料理用水として使用しています。

 当村は、100年構想で杉を育て森林業を活性化させるなど注目されている村で、よくマスコミ

にも紹介されています。

 今や、移住者(若者・外国人を含む)も増えており、森林業やその派生で生まれる間伐材を利用

した発電所の運営、当木材を使ったデザイン性豊かな家具なども製造販売されるなど、村全体がしっ

かりとしたグランドデザインのもとに活性化されているようです。

 少子化・高齢化対策にもなりますよね。

 その粟倉村で撮った稲穂の写真を掲載しました。

 本当に頭が垂れてきています。

 上郡町も同様に黄金色の稲を見かけることができます。

 俳句風ですが、故事成語で「実るほど頭を垂れる稲穂かな」があります。

 人としてのあり方を稲穂に見立て「立派な人ほど謙虚な姿勢である」と、かの松下幸之助さんの

信条でもあったとか。

 凡人の身は、年を重ねるごとに子供に帰っていくようでとても見習いたくても無理なようです。

 ともあれ、そろそろ新米の季節、自然に育まれたお米に感謝して・・・。

 

* 西粟倉村の100年杉構想の杉写真です  綺麗に整備されていますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  本日、午後2時から3時20分頃まで、播磨自然高原クラブ「山の家」において、令和3年度鍋谷池 整備…
  2.  以前、ご報告いたしました災害用水などの物品購入の内、一番重要な「水」の確保が、 昨日、完了いたし…
  3.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  4.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 播磨自然高原自治会回覧板
    7月5日に実施された上郡町議会の特別委員会における質問・審査の録画が放送されます。 上郡・山野里・…
  3. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  4. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  5. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る