鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)

 小暑(十一節気)末候 第三十三候 7月17日~7月21日

       鷹の幼鳥が親から飛び方等を学ぶ時期です。群れる習性のない鷹は自ら餌をとる方法を

 この時期に学ばなければ生きていけません。厳しい運命にありますね。

  家康など武将からその勇猛で能力の高さから重宝され、偵察とか軍事目的等としても活用

 されていたとのことです。

  古事記にも鷹匠の記述があるとか、宮内庁ではその役職を受け継いでいるようです。

  人の世は単独では生きていけませんね。身近なところから助け合いながらですか?

  ちなみに、ナス科トウガラシ属のタカノツメはその名の通り鷹の爪に似ていることで

 命名されたと、そんなに似てますか?食材としては味のきめてとして重宝しています。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  2.    以前、申していました災害用食料の確保が完了致しました。(五目御飯、山菜おこわ、 ドライカレー…
  3.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  4.  産廃処分場建設反対運動と住民投票条例について   当播磨自然高原地区連合自治会の多くの役員、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 播磨自然高原自治会回覧板
    7月5日に実施された上郡町議会の特別委員会における質問・審査の録画が放送されます。 上郡・山野里・…
  3. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  4. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  5. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る