産廃処分場を建設させない上郡町長誕生、町議会議員も産廃阻止派過半数に

  7/18のトリプル選挙(知事選含む)で上郡町長は「産廃処分場を建設させない」とする梅田氏

 が3073得票、2位と40票差の僅差で当選。同時の町議選も、当自治会が参加している上郡町

 産廃問題対策協議会から6名の議員が誕生。定員10名の過半数を占める。

  梅田氏と当協議会は産廃処分場建設阻止で協定を結んでいた。

  今後、産廃場建設阻止に向けて、町・議会運営での早期の対応を期待する。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  2. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  3.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  4.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る