鶺鴒鳴(せきれいなく)

 白露(十五節気)次候 第四十四候 9月12日~9月17日

  鶺鴒が鳴き始める頃です。

  この播磨自然高原で鳴いていますか?

  セグロセキレイは日本固有種で留鳥ですが、近年では外来種の影響で少なくなっているよう

 です。

  長い尾を上下に振り、地面を叩くように歩く姿から「石たたき」や「庭たたき」とも呼ばれ

 ます。

  国産み神話で、イザナギノミコトとイザナミノミコトが天から降りてきて日本の国を産み出

 す場面で、最初に子供の授かり方がわからなかったときに、鶺鴒が尾を上下に尾を振るのをま

 ねたとか。

  子孫繁栄が鶺鴒の導きにより始まったことから、結婚披露宴会場の壁には鶺鴒が描かれたも

 のがあったり婚礼調度としての鶺鴒台というものがあるようです。また、その逸話から「恋教

 え鳥」と呼ばれています。

  国生み神話は、「古事記(710年)」・「日本書紀(720年)」の史書にあるわけですが、こ

 の艶やかな話など意外と違った観点から読めば面白いかもしれません。この国生みでこの二神

 が初めて造ったのが「淡路島」(記紀共に)です。二番目以降、四国→隠岐の島→九州(ここ

 までも記紀共に)、その後の豊秋津州ほかは順不同ですが最終的には「大八州」と呼ばれる

 日本列島が完成したことになるわけです。 

  「淡路島」は近いですし、皆様も今まで結構行かれているかもしれません。

  また、この「記紀」の間の715年頃には風土記編纂の勅命により最初に「播磨国風土記」・

 「常陸国風土記」の地誌も編纂されています。

  「播磨国風土記」前、播磨自然高原のあるこのエリアも歴史は古く、隣町の赤穂市有年の

 縄文式土器、高床式住居跡や記念館などの展示物からもうかがい知れます。

  さて、この淡路島、食べ物は本当においしいものが多くあります。

  先の二神が最初に降りた島であるとされる「沼島」は「鱧」が有名。明石海峡でもまれた身

 の引き締まった「鯛」、「蛸」、大きな穴子の「伝助穴子」、「河豚」などの海産物、それに

 有名な「淡路牛」、「玉ねぎ」などいっぱいあります。書いていてエア淡路島旅行をしている

 ようです。

  コロナ禍の中、今は無理かもしれませんが、落ち着いたら、また行ってみたいものです。

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  2. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  3.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  4.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る