産廃場建設の賛否を問う住民投票、衆院選との同時実施を町長に要望

 令和3年9月29日(水)、上郡産廃問題対策協議会(播磨自然高原地区連合自治会参加)は29

日、11月の投票が有力視される衆院選と過日制定された産廃場建設の賛否を問う住民条例に基づ

く投票を同時実施することを求める要望書を梅田修作町長に提出しました。

 同時に上郡町の産廃場建設反対の議員も同様の要請書を同町長へ提出しました。

 産廃場建設反対を掲げて当選した町長に対しては、町長と8連合自治会との懇談会で建設反対

の自治会長から、また、町会議員からも別途、早期に住民投票を行うよう求めてきましたが、町

長からは1年以内によく住民に周知してから実施するなど、11月の有力な衆院選での同時投票に

は消極的でした。同協議会では、次の内容の要望書を町長に手交、衆院選同時投票実施を促しま

した。

  (要望書要旨)

〇 現状、産廃事業者から県に対し事前協議書(建設計画の詳細等を記載)が提出され、県から

 の町への意見照会が行われ、町もこの3月に回答、当事業計画が着々と進めれれている。

  このような状況にある中、「住民投票による町民の意思確認」を早期に行い、その結果(過

 半数の建設反対を想定)を町政に迅速に反映しなければ当事業計画がなし崩し的に進んでしま

 う。

〇 町長は議会答弁で産廃問題の周知期間を十分にとると発言しているが、町民は今までに、

    ① 署名活動

    ② 各種団体の広報紙

    ③ 反対、賛成のチラシ

    ④ この7月の町長・議会議員選挙

    など

 数多くの情報を得ています。

  その情報をもとに、産廃反対町長・議員が多く誕生しました。必要以上の周知期間の設定は

 これまでの町民の判断を否定することになります。

〇 多くの住民からは「11月に住民投票が行われるのでしょう」との声が聞かれるようになりま

 した。この町長選挙で民意は示されとして町政を産廃計画反対に転換することは可能です。

  時期を逸することは許されません。

〇 同時選挙のメリット(町民・職員にとって)

   1 数百万の税金の節減

   2 投票場へ出向く身体的負担の軽減

   3 新型コロナウイルス感染リスクの低減

   4 職員の投票所設営等の削減

   5 投票率の向上につながり、より民意が反映されやすくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  2.  産廃処分場建設反対運動と住民投票条例について   当播磨自然高原地区連合自治会の多くの役員、…
  3.    以前、申していました災害用食料の確保が完了致しました。(五目御飯、山菜おこわ、 ドライカレー…
  4.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 播磨自然高原自治会回覧板
    7月5日に実施された上郡町議会の特別委員会における質問・審査の録画が放送されます。 上郡・山野里・…
  3. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  4. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  5. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る