蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

寒露(十七節気)末候 第五十一候 10月18日~10月22日頃

 キリギリスが戸口で鳴く頃です。

 蟋蟀は「きりぎりす」・「こおろぎ」とも読みます。昔は、今のこおろぎをキリギリスと言っていたようです。7月頃には野にいた蟋蟀が、軒下、戸口(今の時期)、そして家の中に入ることも、暖かいところへ移動する、この虫の音に人は季節を感じてきました。

 夜、戸口で虫の音を聞きましたが、1か月前には虫の大合唱だったのが独唱に、それも耳を澄まして聞くほどになりました。静かで弱弱しくもありますが、時が移ろい秋が緩やかにフェードアウトしていることを実感します。

   ヴィヴァルディ 「四季」の「秋:第2楽章」を聞くと、の時節と重なり、静かで穏やかでしみじみとした世界を感じることができるかも知れません?

 さて、昨夜から播磨自然高原も急激に冷え込んでいます。昨夜11時で9°くらいです。今朝はこの秋一番の寒さになりそうですね。皆様も、お体大切にお過ごしください。

 一首、蟋蟀で探してみました。 

 「我のみやあはれと思はむきりぎりす鳴く夕かげのやまとなでしこ」
     (素性法師 「古今和歌集」 )

 蟋蟀の鳴く夕日を浴びて咲く撫子の花が「あはれ」。
 
 
 秋の七草「撫子」がメインのようですが、撫子はこちらです。↓
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  2.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  3.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  4. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る