霜初降(しもはじめてふる)

霜降(十八節気)初候 第五十二候 10月22日~10月27日頃

 霜が初めて降りる頃です。

 二十四節気では「立冬」の前の「霜降」、秋の最後の時節です。

 播磨自然高原では、この間までの暑さから一挙に夜半には10度を切ってくるようになりました。日中の秋空は高く澄みわたり、日は釣瓶落とし、もう5時を過ぎると急に暗くなってきます。

 子供の頃、クラブ活動、学校の運動場やお寺の境内で思いっきり遊んでいた時、寺の鐘の音や学校のドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」第2楽章(家路)が流れてきたこの時期、小さな胸が熱く子供ながらに寂しさを感じたようなことを思い出す? 日本では「堀内敬三」氏が『遠き山に日は落ちて(家路)』と日本語の歌詞をつけています。

 今、この年代になると、季節でいえば晩秋?、ふとオーバーラップ。 皆様の、この時期の想い出は何でしょうね? 

 さて、霜は、農作物に被害をもたらします。畑をやっているので、予想外に早く霜が降りた時なんか、せっかくの収穫物がだめになるときがあります。霜が植物に強く纏わりつくと葉っぱの表面の細胞が破壊され葉が枯れてしまいます。結果、光合成もできず実が成長しないことになります。

 それと、この時期は味覚の秋でもありますね。また「新蕎麦」の季節。「秋蕎麦」とも言われ、栽培は地域差もありますが、7~9月までに種まきを終え9~11月にかけて収穫、お店に出回るのは、蕎麦の実を乾燥させるため10~12月頃ですか?

 新蕎麦は「秋蕎麦」以外「夏蕎麦」もあり、「夏新(なつしん)」の別名で知られているようです。4~6月に種をまき6~8月に収穫されるのが夏蕎麦らしいです。「秋蕎麦」と同じように「実の乾燥」を経て7~9月に「夏新」としてお店に出てくるそうです。つまり、蕎麦好きは7月から12月まで「新」を味わえるってこと?各々の特徴は、秋蕎麦は濃厚な風味、夏蕎麦は淡い香りと清涼感を感じる若い味わいらしいです。蕎麦好きなので、これから食べ歩きたいですね。それと食べた地でそば粉を買って家で打ってみたいと。秋・冬のもう一つの楽しみ。

 皆様もこの一時のそれぞれの晩秋をお楽しみください。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  2. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  3.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  4.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る