鱖魚群(さけのうお むらがる)

大雪(二十一節気)末候 第六十三候 12月17日~12月21日頃

 鮭が群れをなして、産卵のために川を遡り上っていく頃です。

 鮭の一生は、生まれた川を下り、何年も大海を回遊して遠くの海域で過ごした後、元の川に戻りますが、その数はとても少ないそうです。その時、最後の産卵場所を求めて大群で川を遡上しますが、皆様も、熊が待ち伏せ、鮭をくわえている映像を見られたことがあるのでは?アイヌの民芸品にもありますね。鮭は食事もとらず、産卵・受精という大きな役目を終え力尽きて死んでいきます。その鮭の形相は何とも言えず、切ないですね。

 次の命を繋ぐための運命とはいえ?以前、記載しました「かげろうの一生」を思い出します。(秋分次候の「蟄虫坏戸(ちっちゅうとをとざす)」の中に記載しています。)

 鮭は昔から災いを「避ける」とか、卵のいくらは「子孫繁栄の象徴」とか言われています。鮭がよく獲れる地方は正月の縁起物として鮭を贈るそうです。こちらの地域ではその風習はないようですね? どちらかといえば鰤でしょうか?近くの魚市場では正月は寒ブリ、其れも「氷見の寒ブリ」が出回っていますね。 鰤は出世魚、縁起が良いということなのでしょう。

 年の瀬ももう少し。師走をあまり感じられない昨今、コロナ予防対策をしっかりして魚市場などに行くのもいいかもしれませんね。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  2.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  3.    以前、申していました災害用食料の確保が完了致しました。(五目御飯、山菜おこわ、 ドライカレー…
  4.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る