麋角解(さわしかのつの おつる)

冬至(二十二節気)次候 第六十五候 12月26日~12月30日頃

 大鹿の角が頭から抜け落ちる頃です。

 日本に住む「ニホンジカ」は、この「麋→大鹿のこと」とは違います。

 「麋」は「トナカイ」・「ヘラジカ」などの大型を言うそうです。

 日本の気候風土に合わせて改訂された「七十二候」なのに、なぜ、日本に棲息しない「麋」をとりあげたのかは諸説あり?

 奈良の春日大社ほか神社で飼われている鹿は「神の使い」であるとして大切にしてきた歴史から「鹿」を「七十二候」に残したかった? でも、ニホンジカの角が落ちるのは春先、「鹿」を使うわけにいかず、中国に棲息していた「麋」はこの時期に角が自然に落ちるので、結果、中国伝来のままこの「七十二候」にとりあげた? 色々と事情がありそうですね。

 でも「トナカイ」なら、前の候のクリスマスの時期にピッタリ。

 日本では見ることができない「麋」ですが、雄大なフィンランドの森で雪道をかけ廻る「トナカイ」を想像するのも素敵ですね。

 ところで、この播磨自然高原といえば「鹿」が先住民?といえるほど多く棲んでいます。皆さんも来られた時に昼でもばったり遭遇されていると思われます。特に秋の夜に鳴くあの物悲しい鳴き声が播磨自然高原の谷間にこだますることがあります。初めてこちらに来て初めてその声を聞いた時、得体のしれない暗闇の中で何がいるのかわからず、「私はどこにいるの」「何が起こっているの」とちょっぴり不安にさせられたことを思い出します。あれから11年。

 今では牡鹿が妻を求めて鳴いているのだと?知り、妙に親近感がわき、哀愁のあるその声に古を想うことも。

 ピッタリな一首、

 小倉百人一首で、 猿丸太夫(古今集の詠み人知らずの歌を集めた「猿丸太夫集」の中にある歌)の

 

「奥山に紅葉ふみわけなく鹿の声きく時ぞ秋はかなしき」が有名

 山奥で、散り積もった紅葉をかきわけ牡鹿が妻を求めて鳴いているのを聞くと、秋の悲しさが無性に感じられる 

 

 さて、播磨自然高原は今日から冬日になりそうです。

 気象庁によると、「冬日」は最低気温で決まるようで、最低気温が0℃未満の日を冬日と、ちなみに、真冬日については、最高気温で決まり、0℃未満の日を真冬日というそうです。

 真冬日はなさそうですね。

 とはいえ、この寒さ、皆様くれぐれもお体大切に、また、朝夕冷え込んだ時の車の運転には注意してくださいね。

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  2.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  3. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  4.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る