霞始靆(かすみはじめてたなびく)

雨水(二節気)次候 第五候 2月24日~2月27日頃

 霞が山にたなびき景色がかすんで見える頃です。 

 霞は水蒸気を多く含んだ空気といえば、霧と現象は同じですが、こだわりがあるのか春のみの使用となっています。春になりかけの暖かい空気、草木の香りなどを想えば、冬を迎える前の秋の霧とは「別物」ということでしょうか。

 夜の霞は「朧(おぼろ)」といい、皆様もよく聞いた「朧月(おぼろづき)」を想像されるのでは。

 そして、「霞」は「たなびく」、「霧」は「立ちこめる」又は「かかる」と言いますね。日本人の感性が一緒にはできない、研ぎ澄まされた言葉に昇華したようです。

 朝焼けに霞む「朝霞」、夕焼けに霞む「夕霞」・「晩霞」、霞が幾重にも重なり奥行きもある「八重霞」、 霞む光を「朧影」、切り絵に出てくるような遠くに霞んで見える家の明かりを「灯朧(ひおぼろ)」、さらに、音についてもかすかに聞こえる鐘の音を「鐘朧」と表現は豊です。人に対してはこの「霞」はあまりよくないようですが、今の世、「のほほん」「ぼんやり」とあまり明確ではない方が「余裕のある」「味がある」「多様性」などを考えれば、そんなに悪くはないとも思いますが?
 
 霞の歌としては、六歌仙の一人、僧正遍照(816-890)の歌
 
 
花の色は霞にこめて見せずとも香をだにぬすめ春の山風
  ー「古今和歌集」ー俗名《良岑宗貞(よしみねのむねさだ)》

 春の景色は霞に隠して見せなくてもいいが、香りだけでもよいので盗んできてね、お願い春の山風さん、というところですか?
 
 播磨自然高原は、寒さの中にも、樹々の揺れ、雲のたなびき、空の色、風一つとっても万物が蠢いてくる兆しを少し感じています。もうすぐ弥生月(草木生い茂る月)。鶯の声を楽しみにしたいと思います。
 皆様もそれぞれの春を感じて健やかにお過ごしください。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  2.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  3. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  4.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2022年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る