桃始笑(もも はじめてさく)

啓蟄(三節気)次候 第八候 3月10日~3月14日頃

 桃の花が咲き始める頃です。

 「笑」にはもともと「咲く」という意味もあるそうです。

 二候前の旧暦の3月3日桃の節句は新暦では3月下旬から4月上旬にあたり、実際に桃が笑うのはまだ先の時季です。

 桃の花は「白桃花」、種は「桃仁(とうにん)」という漢方薬として利用されているそうです。「桃仁」は、血のめぐりを良くし婦人病の改善によい?

 「桃」の漢字は、木偏に「兆」と書きますが、その「兆」は国家予算規模で使われるように非常に多い数のこと、結果、木に多くの実がなっていることから。即ち、古より多産・繁栄の象徴とされてきました。また、「きざし」とも読めるので、そこから、懐妊⇒出産⇒子孫繁栄へとつながっています。3/3の桃の結句はそれなりに理由があったということでしょうか?

 「桃」の原産地は中国の黄河上流の高山地帯だそうです。ヨーロッパへは伝播はかのシルクロードです。途中は、ペルシア経由ということです。英語のPeachはこのペルシアからきたそうです。何となく納得?

 桃には、「花桃」と「実桃」があります。

 食べる方は、隣県岡山の「清水白桃」などで有名。「花桃」は、古くから鑑賞用に栽培されているものです。

 桃と言えば、「桃太郎」。今や岡山のみならず色々な発祥伝説があり、それなりにもっともらしいので、どれが正しいのか今となってはわかりません。

 桃太郎は、中国の古いお伽話が日本風になりひろまったもの。原作では、お爺さんお婆さん夫婦が桃を食べて若返り、結果、子供が産まれたと。日本では、子供向けには相応しくないとなり、「桃から生まれた桃太郎」へとアレンジされたそうです。これも何となく納得?
 
 さて、播磨自然高原は、日中、本当に暖かくなってきました。春到来を実感しつつ、これから山々も花が咲き「山が笑う」景観になることでしょう。そんな春うららの中で、近隣の岡山県名物黍団子でも食べて「ゆっくり」「まったり」としたお茶の時間でも過ごせたら、それはそれで一つの幸せを感じれるのではないでしょうか? (甘党の嘆き)
 
 
 
 
 
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  2.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  3.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  4.    以前、申していました災害用食料の確保が完了致しました。(五目御飯、山菜おこわ、 ドライカレー…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2022年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る