雷乃発声(かみなり すなわち こえをはっす)

春分(四節気)末候 第十二候 3月31日~4月4日頃

 雷が鳴り始める頃です。

 今まで、あまり意識したことがないのですが、遠くで雷が鳴ったかと思えば鳴り止む感じだそうです。

 やはり、農業と関わりが深く、春雷で雨を呼びお米作りが始まる頃となり、秋に雷が収まる時期に稲刈りも終了して冬支度となっていきます。農耕サイクルがこの「雷」のサインでというところでしょうか。秋のころにも申し上げましたが、雷は「田」に「雨」をもたらすということです。また、「神鳴り」ともいわれ、神様が鳴らすと考えられていたようです。

 早いもので、もうすぐ4月です。3月から4月にかけては、別れの季節でもあり、新しい出会いの季節でもあります。

 子供・孫が大学・就職などで長年一緒に暮らしていたところから離れていきます。 経験から思うのですが、子供は子供なりに不安と寂しさの中での旅立ち、新しい世界に希望を求めて、そして成長していきます。でも、残された家族は、何もない住んでいた冷たい空気の部屋を見て、何かどうしようもない感慨が生じ、幾日か抜け殻のようになったのではないでしょうか? やがて、すべては日が解決してくれますが、家族の別れは本当に辛いですね。

 
古今和歌集~

別れをば山の桜にまかせてむ留む留めじは花のまにまに  ー 幽仙法師 ー

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関  ー 蝉丸 ー

限なく思ふ涙にそぼちぬる 袖は乾かし逢はむ日までに ー 詠み人しらず ー

 
 以前、ウグイスの初音のことを書いたことがあります。今年は、3月8日とメモ帳にありました。地区によっては違うとは思いますが、例年より遅かったのでは? その後、あまりウグイスが鳴いていませんが、皆様のところはいかがでしょうか?
 
 冒頭の写真は庭の桜です。 暖かかったので一部咲き出しました。
 播磨自然高原も陽の当たるところは五分咲きのころもあります。全体的には蕾から2分咲きまでというところでしょうか。咲き出したら早いですよね。
 
 この時期、もう一つ、コブシやタムシバの白い花が咲き出します。山一面が白くなり幽玄の世界を造り出します。
 また、山つつじの鮮やかな花も咲き出しました。まさに、山が笑う季節です。
 
 皆様、是非、来山され癒やしの散策でもしていただければ幸いです。
 
(庭に咲いたタムシバ?コブシ? 花の下に葉っぱがないのでタムシバ?)
  
                 ↓

関連記事

ピックアップ記事

  1.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  2.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  3.    以前、申していました災害用食料の確保が完了致しました。(五目御飯、山菜おこわ、 ドライカレー…
  4.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2022年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る