立秋(十三節気 8/7~22)

 早やくも立秋の候となりました。

 甲子園では夏の高校野球が始まりました。野球の日も実は「8月9日」、例によって語呂合わせ。

 兵庫県の代表校は県立社高校、車中で聞いた同高 山本監督の県代表決定時の優勝インタビュー

「まだどのように気を置いたらよいのかわからない」「勝たせていただいてホットしています」

 とても初々しく、爽やかなインタビュー、人柄がよくでていたようで好感をもちました。

 是非、社高校の皆さんには兵庫の代表として思いっきりプレーしてたくさんの思い出を作っていただけたらと願っています。

 さて、播磨自然高原は相変わらず蝉時雨の中、ゆったりとした時間を感じながらの日々が過ぎているようです。

 蜩(ヒグラシ)別名「カナカナゼミ」は、実際は夏から鳴いているのですが、でも立秋後に聞くヒグラシの鳴きは格別、夏の終わりを惜しみ暮れ行く秋の夜長への橋渡しをしてくれているようです。 

 そんな夕暮れ時の残映時に聞く1975年 南沙織さんの「人恋しくて」は別の意味でタイムスリップ、懐かしいですね。(イントロは大正琴の音?)

 この時季、京では五山の送り火でお盆に返ってきた先祖の精霊を再び送る行事があります。

 また、灯篭流し(しめやかに)、精霊流し(寂しくないよう爆竹も使い賑やかに送り出す行事、特に長崎が有名)の風習が各地で受け継がれています。

 さだまさしさんの「精霊流し」、実際の賑やかなものと比べマイナーコード進行、同い年の従兄の水難事故をその恋人目線での歌詞に、久しぶりに聞いてみましたが、メロディーのせいなのか切ないですね。

 四国では、8/12~15間は「阿波踊り」、元気がでそうですね。

 この8/19は「俳句とバイクの日」

 そこで、万葉集から・・・作者未詳

 今よりは 秋づきぬらし あしひきの山松蔭に ひぐらし鳴きぬ
 
 夕影に来鳴くひぐらし幾許(ここだく)も日ごとに聞けどあかぬ声かも
  
  *幾許も・・・しきりに
  
 蝉は3年から十数年は土の中?土から出てきて1月から1月半?人が飼うと1週間くらいでなくなることも多い? これを聞いたら飼えませんね?

 ヒグラシの声をよく聞くと、最後はフェードアウト気味で、余韻があるフェルマータ、強弱も最後はデクレッシェンド、人を物思いにさせる鳴き方なんですね。

 今まさに、最初は多くのセミの鳴き声が少なくなって、遠くに聞こえるようにフェードアウトしています。

 悦に入っていたのに急に「ツクツクボウシ」が「ツクツクボウシ」と時折鳴きだしました。協奏曲としては此の2者は成り立たないようです。

 暮れなずむときから少しヒグラシの音を聴察していましたが、とうとう暮れ果ててしまいました。

 皆様方、時には播磨自然高原にて様々な生き物について実際「気を置いていただく」時間を楽しんでいただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  2.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  3.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  4. 7月10日(日)の産廃処分場建設計画の是非を問う上郡町「住民投票」の開票がありました。 結果は…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
  3. 産廃最終処分場建設の阻止に向けて住民同士で地域を越えた連携を図るため、当自治会の加盟している「上郡産…
  4. チスジノリ紙面19号
    [caption id="attachment_1363" align="alignce…
  5. 関係者からの情報によると昨年12月8日に行われた「産廃問題特別委員会」における議会での意見陳述の模様…
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る