カテゴリー:生活・一般

  • 夏至(十節気)

     太陽の光を一番多く採り入れることができる夏至。  残念ながら梅雨の真っただ中。今日の播磨自然高原は朝から小雨。昼頃からはもっと降りそうですね。雨間(あまあい)でもあれば少し散歩でもしたいところですが無理なようです。 …
  • 芒種 (第九節気)

     芒種の時期となりました。  播磨自然高原では昨日昼2時ごろより雨が降り出しました。気温も一昨日と比べ20度前後、最近暖かかった分肌寒く感じられます。皆様、夜は重ね着するなど体調管理にはくれぐれもお気を付けください。 …
  • 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

    小満(八節気)初候 第二十二候 5月21日~5月25日頃  蚕が孵化して、桑の葉を食べ始める頃です。    蚕はカイコガという蛾の幼虫です。桑の葉を食べ4回の脱皮を繰り返すそうです。口から絹糸を出   して繭を作り、そ…
  • 竹笋生(たけのこしょうず)

    立夏(七節気)末候 第二十一候 5月16日~5月20日頃  筍が生えてくる頃です  筍は竹冠に旬と書きます。旬は物事や食材の走りを意味し、上旬、中旬、下旬など十日という単位を意味するそうです。土から出た筍は、十日もする…
  • 蚯蚓出(みみずいずる)

    立夏(七節気)次候 第二十候 5月11日~5月15日頃  ミミズが土から動き出してくる頃です。  ミミズと言えば、「ミミズと土」という本があるそうです。進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが約40年間ミミズを研究し、ミ…
  • 鼃始鳴(かわずはじめてなく)

    立夏(七節気)初候 第十九候 5月5日~5月10日頃  蛙が鳴き始める頃です。  こどもの日から季節は「立夏」。  播磨自然高原では新緑が萌萌、心地よい薫風がそよぐ候となっています。  この連休中、来山されている方も多…
  • 牡丹華(ぼたんはなさく)

    穀雨(六節気)末候 第十八候 4月30日~5月4日頃  牡丹の花が咲く頃です。  「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」はあまりにも有名。  牡丹は花が咲いたら「春の終わり」、そう晩春です。次は24節気で「立夏」…
  • 霜止出苗(しもやんでなえいずる)

    穀雨(六節気)次候 第十七候 4月25日~4月29日頃  霜が止んで苗が生長する頃です。  播磨自然高原は気候も安定し暖かい日々が続いていましたが、今日はしとしと雨でした。雨が降るたびに青葉が一挙に鮮やかに景色を変えて…
  • 葭始生(あしはじめてしょうず)

    穀雨(六節気)第十六候 4月20日~4月24日頃  葭が芽を出し始める頃です。  節気は六番目の穀雨に移りました。穀雨は「百穀春雨」から、春雨が百穀を潤す時節ということらしいです。   「葭」はイネ科の多年草、茎や葉も…
  • 虹始見(にじ はじめてあらわる)

    清明(五節気)第十五候 4月15日~4月19日頃  虹が初めて大空にかかる頃です。  虹は空気中の水滴が大きいほど色鮮やかになるそうです。この時期の雨粒はそんなに大きくないので淡い色ですぐに消えていくそうです。この時期…

ピックアップ記事

  1.    以前、申していました災害用食料の確保が完了致しました。(五目御飯、山菜おこわ、 ドライカレー…
  2.  昨日から雨が降り続いています。  前線停滞でこの1週間は雨が多いようです。  万が一、災害等があ…
  3.  本日、神戸地方裁判所姫路支部の令和2年11月7日の臨時社員総会の一審の無効判決に現播磨自然高原ク…
  4.  播磨自然高原の真正面に位置する産廃処理施設計画の規模を皆さんはご存知でしょうか? 現在に至るまで、…
  1. 漫画ハルカの陶(備前焼祭り)
    備前焼祭りは、播磨自然高原の一部地域が含まれる岡山県備前市で行われる恒例のイベントです。 有名作家…
  2. 西播磨県民局へ署名提出
    播磨自然高原自治会を含む上郡産廃問題対策協議会は反対署名(計10,166筆)を7月19日に県民局(兵…
2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る